眼科
医療法人明佑会 野村眼科医院
愛知県刈谷市新栄町六丁目37

TEL: 0566-21-0213

白内障

生活に不自由さを感じたら

白内障とは

目には角膜と水晶体(カメラのレンズのようなもの)という2枚のレンズがあります。その内側にある水晶体が白く濁り、網膜(カメラのフィルムのようなもの)に光が届かなくなってしまう病気です。

そうなると、視力低下、目の霞み、太陽の光の明るいところでは非常にまぶしく感じる、眼の度数が変わる、だぶって見えるなどの症状が出現します。

初期は、わずかな“かすみ”を自覚する程度ですが、進行すると視力が低下し、さらに進行すれと目の前に出された指の数がわからなくなるほどです。最も進行した状態は光の点滅しか分からなくなります。

白内障の原因

原因としては加齢が最も多いです。50歳頃から徐々に水晶体(レンズ)が濁ってくる目の変化で、誰にでもおこる加齢変化なのです。

次に全身疾患に合併する糖尿病やアトピーなどが原因でなる場合も多くあります。

また、風疹などの先天性白内障、目の外傷が原因で起こる外傷性白内障、ぶどう膜炎などで起きる併発性白内障があります。

その他、放射線やステロイド剤が原因で起こってしまう場合もあります。

白内障の症状

初期症状

  • 目がかすむ
  • 視界が暗く感じる
  • ぼやけて見えにくい
  • 視力が落ちる
  • 二重、三重にだぶって見える
  • 太陽の光が眩しく感じる

こんな症状を感じたら早めに受診してください。初期症状であれば治療でほぼ完治することができます。これ以上進行してしまいますと、手術が難しくなってしまい、合併症を起こしてしまう可能性が高くなります。

また、高齢であるほどリスク(高血圧・心臓病・喘息・脳卒中・糖尿病等)も高まります。

白内障の治療

白濁した水晶体を再び透明に戻すことが出来る治療薬は現在は見つかっておりません。

点眼や内服薬で進行を防止することが可能ですが、白内障の進行を遅らせるだけであり、症状を改善したり視力回復させることはできません。

白内障が進行して、日常生活に不自由を感じてしまう場合や視力を回復させたい場合は、手術を行う必要がございます。白内障以外の病気がある場合、手術方法を工夫したり、全身状態をみて手術の時期を決めます。

白内障手術について

手術が可能かどうか、どのような手術を行うかどうか、しっかりと検査を行い判断をします。手術をしても視力が回復をしない場合や合併症などを引き起こしてしまう可能性が高い場合は手術を行うことが出来ません。

生活に不自由さを感じ、手術をするべきか悩んでいる方はまずご相談ください。しっかりと検査を行い判断させていただきます。症状が軽い場合は、薬による治療を行う場合もあります。

手術は日帰りで行うことが出来ます。

手術までの流れ

1.来院受付に保険証をお渡しし、受付表の記入をお願いします。
2.問診
  • 現在の眼の症状
  • 治療している持病
  • 飲んでいるお薬
などをうかがいます。
3.検査

目の状況を確認するため視力や眼圧などの検査を行います。

4.診察白内障の状態と手術の適応について確認。
もし、手術が必要と判断した場合、日程をご相談します。
5.術前検査手術のための特殊な検査(眼の形状や長さを調べるなど)をします。
6.相談術で挿入する眼内レンズについての希望を伺います。
手術前後の注意点などもお伝えします。
7.手術決めた日時に手術を行います。
日帰りすることができます。
8.術後診察術後、何度か検査を行います。